2012年1月28日土曜日

相模湖プレジャーフォレストで走ってきた

木曜日の朝方から喉に痛みをおぼえ、間違えなく風邪の初期症状だった。
まずい・・・・・。週末走れないじゃん・・・・・・・
今週を外すと、来週は帰省で走れない。先週も雨で走っていない・・・・・・
まるまるひと月走れないorz

木曜日の夕方に近所の診療所に行き「土曜日に大事な接待があるので何とか・・・。」
と嘘をつき、キツめのお薬をいただいた。

てなわけで今日は、体調が万全でないぴーすけと明日ゴルフを入れているinstnctcycleさんで相模湖プレジャーフォレストの常設コースでサクっと走ってきた。

最近定番の動画で様子を・・・・
ちょっと長いのはご愛嬌

2012年1月14日土曜日

僕たちのプロジェクトX

2012/1/9僕たちのプロジェクトXが動いた!

MTB
M:三原山
T:ついに動いた
B:僕たちのプロジェクトX

1986年三原山の噴火の際、全島民1万人を避難に道に導いた物語が「プロジェクトX」で放映されている。NHKアーカイブスによると「1986年11月21日、伊豆大島の三原山が大噴火。流れ出た溶岩がゆっくりと住宅地区に迫り始めていた。島内4地区に散らばる一万人の島民をどう脱出させるのか、町役場では関係者の知恵を寄せ集めた急造の対策プロジェクトが動き出した。
島民を輸送するバス・船会社、避難を誘導する消防団、無線網を握り溶岩を監視する警察…家族を心配しながらも、男たちは自分たちの職分を尽くそうと立ち上がった。東京電力の出張所では、発電機を回し、夜間の避難と防災活動を支えるため、3人の職員が島に留まらざるを得なくなった。勤務していた職員は6人、すべてが幼い子持ち。しかし、まず、自分が残ることを決めた所長が「あと2人頼めるか」と涙ながらに聞いたとき、すべての男たちが静かに手を挙げた。
夕方から早暁にかけての13時間、一人の犠牲者もなくパニックを起こさずに島外脱出ができたことは、奇跡といわれた。自分をおいて島民全てのために動いた男たち。島民たちの結束力の強さに裏付けられたその13時間のドラマを描く」とされている。

この記憶にも新しい火山地帯を走り抜く僕たちのプロジェクトXを挙行した。
同行は、instnict氏、GPS大王氏の計3名。
名を「伊豆大島上陸作戦」

この模様を動画に取りまとめた。
残念ながらメインの◎▲※☆砂÷(ピーである。)の動画は、大人の事情でここにはアップしない。親しい方々には、限定公開URLをお知らせさせていただいている。

2012年1月7日土曜日

新しいおもちゃがキタ━(゚∀゚)━!

新しいおもちゃが来ました。MTB動画ちゃんねる用カメラ。
↓↓↓


instinctのGoPROに対抗できるのは、これしかない!広角は135°とGoPROの170°より劣りますが、頑張ります!

早速、Surlyちゃんに取り付けてカメラテスト

これで「どうだ!羨ましいだろ~」やるで~

2012年1月4日水曜日

後れ馳せながら・・・・・

。゚+.謹賀新年゚+.゚(○。_。)ペコッ

本日、神戸から再上京。明日から嫌々仕事再開。

休暇中の神戸、特に年始は冷たい風が吹き、自転車は29・30日にちょろっと乗ったのみ。

自宅に置いていたヘルメットが経年劣化により、ダメになったのでウエパーに行ったりした。かの店は、パールの製品が日本一安いのだろう。色々購入してしまいそうなのを抑えて、激安ヘルメットのみで我慢しておいた。知る人ぞ知る有名なオネーチャンには、「今年(2011年)はなかった東京即売会を来年(2012年)は、やってくれ~」とお願いしておいた。

あとは、バーチャン家に行ったり、初詣行ったり、福袋を買いに行ったりしたん。

そして、正月の一番大きな買い物は・・・・・。初売りで車を買った。

1年落ちのデモカーを新車価格の▲1,000,000で・・・・・。ハハ・・・・。自転車ちゃうで